×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の服装で悩んでませんか?

友人の結婚式に招待された時、頭の中は結婚式当日の服装の事で一杯なのではないでしょうか。素敵な男性や女性にも出会うことになりますから、お洒落な服装で出席する事を考えるのは当たり前でしょう。結婚式では、服装や服飾品にもマナーがあります。せっかくお洒落をするのですから、マナーを守った素敵な服装にしましょう。
時々結婚式の招待状に「平服で〜」と指定がある場合ですが、平服というのは、礼服でなくても良いという意味で、略礼装のことを指しています。略礼装には、特に決まりはありません。自由な服装が可能なのです。しかし、普段着や行き過ぎた服装ではいけませんし、特に決まりのない略礼装ですが、普段着の服装というわけにはいきません。
男性の服装は、一般的にダークスーツでシャツ&ネクタイ、小物などで雰囲気を演出するといいでしょう。女性の服装は、スーツでもワンピースやツーピースでも流行の服装を着こなし、遊び心のあるアクセサリーなどを取り入れて、あなたらしさを演出することがポイントになります。案外難しいと思う平服ですが、お出かけファッションと考えればいいでしょう。
>>新着の結婚式のワンピースを見てみる!

結婚式での服装でマナー違反にならない男性の服装

男性が結婚式に招待された場合、服装は殆どスーツで出席するのが通常の服装です。結婚式をスーツで出席というのは珍しいことではありません。むしろ、常識的になっています。スーツは結婚式を問わず、どこの場面でもマナー違反にならないということです。また、スーツは年齢を問わず、結婚式でふさわしい服装にもなります。
結婚式のスーツにふさわしい色としては、黒のスーツに白のワイシャツ、ネクタイはグレー系、などという色合いが結婚式での一般的な服装ではないでしょうか。最近では結婚式のスーツに色のついたワイシャツという場合もあるようです。
結婚式のスーツで、マナー違反を防ぐ服装としては、礼服や、ディレクタースーツ等が無難なところではないでしょうか。結婚式に平服で参加という服装が多くなった最近では、色調さえ抑えてしまえば、結婚式でスーツを着ていて、失敗したということにはならないでしょう。
結婚式のスーツは、全体的に重いイメージになってはいけません。明るい色彩が必要になってきます。明るいのがいいからといって派手なものがいいというわけではありません。結婚式のスーツ選びは、色彩の選び方がポイントになってくるのです。

結婚式の服装で女性の場合の解決方法

女性の場合、結婚式の服装でふさわしいドレスとはどういうものでしょうか?女性の結婚式の服装で着るドレスは、選ぶのに悩んでしまうところがあると思います。「花嫁より派手にならないように」「白を避けた方がいい」等、結婚式でのドレス選びは、気を使う部分が数多くある服装だからです。
結婚式の服装でドレスと言えば、チャイナ風ワンピースや、切り替え柄ワンピース、蝶々の刺繍ワンピース、エレガントなフォーマルドレス…と様々です。着やすい結婚式用のドレスというのも人気の服装です。
色的には、黒も人気の一つですが、最近では、ピンクなども照明に映えて、結婚式でのドレスとしては人気がある色のようです。
カジュアルな服装を基本にしたい方々にも、カジュアルさを出した結婚式でのドレスも数多くあるので、自分らしさを失わずに、結婚式の服装でドレスを選ぶことができるようです。
結婚式の服装でドレスを選ぶ場合は、自分の個性やアレンジも大切になってきます。派手にならないようにコサージュ等で、自分なりのアレンジをした服装をしてみては如何でしょうか?きっと、素敵な結婚式での服装が見つかると思います。

Copyright © 2009 結婚式の服装を悩んでる?